小児歯科|目黒区柿の木坂・都立大学駅で歯科・歯医者をお探しの方はnicoキッズデンタルクリニックまで

〒152-0022
東京都目黒区柿の木坂1-32-12
  • 電話
  • 電話
NEWS 新着情報
2019.10.27【年末年始休診期間のお知らせ】

2019年12月29(日)~2020年1月5日(日)までお休みをいただきます。

休診期間前後は大変混雑いたしますので、お早めのご予約をお願いいたします。

 


2019.10.11【重要】10/12(土)臨時休診のお知らせ

いつもご来院いただきありがとうございます。

大型台風19号の接近に伴い、10/12(土)は臨時休診とさせていただきます。

10/15(火)は通常通り診察をさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただけますよう宜しくお願いいたします。

nicoキッズデンタルクリニック

 


2019.6.2【夏季休診日のお知らせ】

8月11日(日)~18日(日)まで、夏季休診日となります。

午後の外来は特に混雑いたしますので、

ご予約はお早めにお願いいたします。


2019.4.8【休診のお知らせ】

4/28(日)~5/6(月 祝)まで休診とさせて頂きます。

大型連休につき、休診期間前後は混雑が予想されますので、

お早めのご予約をお願いいたします。


2018.11.15【年末年始休診のお知らせ】

12月30日(日) ~ 2019年 1月6日(日)まで休診とさせていただきます。

休診期間前後は混雑が予想されますので、お早めのご予約をお願いいたします。


小児歯科

Child

当院の小児歯科の特徴

笑気麻酔で「怖くない、痛くない」

イメージ画像

笑気ガスを吸引していただきながら治療を受けていただけます。これは意識を失わずに身体をリラックスさせることができる麻酔法で、歯科恐怖症の方・小さなお子様・高血圧、不整脈の気になる方にオススメです。
保険診療が可能で、副作用の心配もほとんどございません。歯科治療をしっかり受けたい・受けさせたいという方は一度ご相談ください。

ラバーダムを使用した精度の高い治療

治療する箇所をゴムのシートで覆って、精度・安全性の高い治療をおこなっています。
治療箇所を防湿し、唾液や細菌から守りながら治療をすることができるので特に根管治療に有効な方法です。
また、舌や唾液が治療の邪魔をしないため、治療時間が短くなるので、小さなお子様の治療も素早く・安全に治療をおこなうことが可能です。

無理やり治療はおこないません

イメージ画像

小さなお子様が治療中に暴れてしまう理由は「恐怖心」からくるものが多いです。そこで無理やり治療をしてしまっては、その恐怖心をさらに増大させることとなり、「歯医者は怖い」という気持ちを植えつけてしまう結果になります。
当院では決して無理やりに治療することはなく、信頼関係を築いてから治療をおこないますので初めての歯科医院をお探しの方もご安心してお越しください。

母子感染について

イメージ画像

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌は存在していません。むし歯菌が赤ちゃんの口内に発生する多くの原因は「ご両親からの感染」であり、むし歯菌の発生をどれだけ遅らせることができるかというのが、将来の口内環境の善し悪しに関わります。
できるだけ、食器の共有や口移しなどは避け、むし歯菌から我が子を守りましょう。

乳歯のむし歯について

乳歯は永久歯と比べるとエナメル質が弱く、たくさんの小さな穴が開いています。
ですので、「このくらいなら放置しておいても大丈夫」というのが通用せず、むし歯が重症化してしまうケースが多いです。乳歯のむし歯は放っておくと次に生えてくる永久歯に悪影響を与えます。
早めにむし歯の発見・治療をおこないましょう。

歯科医院で行うむし歯予防

ブラッシング指導

イメージ画像

歯科衛生士がお子様の口内の構造に合った、正しい磨き方をご指導させていただきます。
仕上げ磨きもきちんとできるように親御さんにもお伝えさせていただきますので、ご自宅でも毎日のケアに役立てていただければ幸いです。

フッ素塗布

むし歯予防に効果のあるフッ素を歯の表面に塗布します。
フッ素を塗布すると歯質が強化され、むし歯菌の働きを抑制する効果も期待できます。

シーラント

イメージ画像

奥歯の凸凹とした部分を歯科用プラスチックで埋める予防法です。
食べカスが溜まりやすく、磨きにくい奥歯の凸凹をあらかじめ埋めておけば、毎日のケアも楽になり、むし歯の発生をおさえることができます。

ご家庭でのむし歯予防のポイント

歯が生えたら歯科へ

歯が生え始める生後6ヶ月頃から歯科医院で検診を受けていただくことをオススメしています。
この頃はまだ人見知りするのも少ないので、歯科医院に慣れていただきやすいです。
また、むし歯や歯の生え方について初期段階で治療することが可能ですので、早めの歯科医院デビューが望ましいです。

母子感染に気をつける

日頃からご両親との食器の共有や口移し、キスなどの控えていただくようお願いします。
むし歯菌を口内に発生させるのを遅らせることが、むし歯の予防に直結します。

食事やおやつの時間を決める

食事をした後は口内が酸性になります。
口内が酸性だとむし歯菌が活動しやすい環境になってしまうので、だらだらと食事するのはやめて、食事は1日3回。
おやつは月齢に合わせて1~2回、時間を決めて与えてください。

糖分を控える

むし歯菌が最も好んでいるのが糖分です。
おやつは和・洋菓子などの糖分をたっぷりと含んでいるものより、蒸かしたおいもや栗、トウモロコシなどが最適です。

食後のブラッシング

食後はブラッシングを忘れずにおこないましょう。
忙しさからどうしても手を抜いてしまいがちですが、1日3回、毎食後にブラッシングをする習慣をつけて欲しいです。